100年節約計画

節約が好きな会社員FPのブログです。

新登場した三井住友カードゴールド(NL)をエポスゴールドカードと比べてみました。

f:id:moriken-cfp:20210703105508p:plain
(出典:三井住友カードホームページ)
三井住友カードナンバーレス(以下、三井住友カード(NL)と言います。)にゴールドカードが登場しました。
三井住友カードゴールド(NL)です。

以前の記事で書きましたが、筆者は今エポスカードのゴールド修行を行っています。
普段の買い物などはエポスカードを利用していますが、コンビニ3社(セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン)とマクドナルドでは、三井住友カード(NL)を利用しています。

メインカード:エポスカード
サブカード :三井住友カード(NL)  

そこで現在筆者が目指しているエポスゴールドカードと三井住友カードゴールド(NL)を比べてみました。

この記事の結論
 ポイントのサービスを考えるとエポスゴールドカードのほうが良い。

年会費

三井住友カードゴールド(NL)は年会費が通常で5,500円(税込)です。
エポスゴールドカードは通常で5,000円(税込)です。

三井住友カードゴールド(NL)のほうが500円高いです。

ただし、両カードともに年会費が永年無料になる条件があります。

三井住友カードゴールド(NL)は年間100万円を利用すると翌年以降の年会費が永年無料となります。

エポスゴールドカードは、①エポスカードからのインビテーション(紹介)を受ける、②年間50万円以上を利用する、③プラチナ・ゴールド会員の家族から紹介を受ける、いずれかで永年無料になります。

筆者は①のエポスカードからのインビテーションを目指してゴールド修行に励んでいます。

エポスゴールドカードのほうが無料になるハードルは低いですね。

三井住友カードゴールド(NL) エポスゴールドカード
通常年会費 5,500円(税込) 5,000円(税込)

年会費が無料になる見込みが出来たら、ゴールドカードを作ることをお勧めします。

基本ポイント

カードの利用でもらえる基本のポイントは両カードとも同じで200円(税込)につき1ポイント、還元率は0.5%です。

ただし、エポスゴールドカードは1回の買い物につきポイントが付与されるのに対して、三井住友カードゴールド(NL)は、毎月の買い物についてポイントが付与されるので、三井住友カードゴールド(NL)のほうがロスされるポイントが少ないメリットがあります。

例)500円(税込)の買い物を1か月に5回した場合。

エポスゴールドカードだと
500円(税込)→2ポイント×月5回→10ポイント

三井住友カードゴールド(NL)だと
500円(税込)×月5回→2,500円(税込)→12ポイント

上記の例のとおり、実際に付与されるポイントは三井住友カードゴールド(NL)のほうが多くなります。

そして三井住友カードゴールド(NL)は、なんといっても、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドでVisaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスを使うと最大5%が還元されます。

基本還元率の10倍、200円(税込)につき10ポイントもらえます!

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドで三井住友カード(NL)を利用するときは、「クレジットで!」と言ってください。

ゴールドカードではない、普通の三井住友カード(NL)でも5%還元されるので安心してください。

三井住友カードゴールド(NL) エポスゴールドカード
基本ポイント 1か月の買い物200円(税込)につき
1ポイント
1回の買い物200円(税込)につき
1ポイント

ボーナスポイント

両カードともに年間の利用額に応じてもらえるポイントサービス(ボーナスポイント)があります。

三井住友カードゴールド(NL)は年間100万円の利用で10,000ポイントがもらえます。

エポスゴールドカードは年間50万円の利用で2,500ポイント、年間100万円の利用で10,000ポイントがもらえます。

年間50万円でもボーナスポイントがもらえるエポスゴールドカードのほうが嬉しいですよね。

三井住友カードゴールド(NL) エポスゴールドカード
ボーナスポイント 100万円利用
10,000ポイント
50万円利用
2,500ポイント
100万円利用
10,000ポイント

年間50万円利用の場合、1か月あたり41,700円が目安です。
年間100万円利用の場合、1か月あたり83,400円が目安です。

選んだお店でポイントアップ

両カードともに、3つまで選んだお店で利用するとポイントがアップするサービスがあります。

三井住友カードゴールド(NL)は+0.5%還元、200円(税込)の利用につき実質1%還元されるようになります。
選べるお店はコンビニ・スーパー・ドラッグストア・ファストフード・カフェなど約60店舗あります。

エポスゴールドカードは+1.0%還元、200円(税込)の利用につき実質1.5%還元されるようになります。
選べるお店は公共料金・保険なども含めて300以上あります。

筆者がエポスゴールドカードを所有することが出来たら、東京電力とモバイルSuicaをポイントアップに選択する予定です。

選んだお店でポイントアップはエポスゴールドカードの勝ちですね!

三井住友カードゴールド(NL) エポスゴールドカード
ポイントアップ +0.5%
実質1%
+1.0%
実質1.5%
ショップ数 60店舗 300店舗以上

たまったポイントの使いかた

エポスポイントの場合、たまったエポスポイントは次の方法から使いかたを選べます。

  1. マルイでのショッピング割引

  2. プリペイドカードに移行

  3. ネット通販利用分をポイントで割引

  4. 商品券やギフト券に交換

  5. グッズに交換

  6. 支援団体に寄付

  7. アスリートを応援

  8. 資産づくりをする

三井住友カードゴールド(NL)の場合、たまったVポイントは次の方法から使いかたを選べます。

  1. Vポイントアプリにチャージ

  2. Visaプリペイドカード、かぞくのおさいふへのチャージ

  3. お支払い金額にキャッシュバック

  4. 景品や他社ポイントに交換

筆者の場合、エポスポイントはプリペイドカードへ移行、VポイントはVポイントアプリへチャージを選択する予定です。

旅行傷害保険

三井住友カードゴールド(NL)は最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付きます。
(傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費などを三井住友カードゴールド(NL)での決済有無により最高補償額が異なります。)

エポスゴールドカードは最高1,000万円の海外旅行傷害保険が付きます。

コロナ禍で旅行に行く機会は減っていますが、三井住友カードゴールド(NL)だと国内旅行にも保険が付くのは安心ですね。

三井住友カードゴールド(NL) エポスゴールドカード
国内旅行傷害保険 最高2,000万円 なし
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 最高1,000万円

最高補償額はカード決済の有無によって異なったり、実際の保険金支払いの可否は普通保険約款や特約に基づきますのでご注意ください。

まとめ

いかがでしたか。

簡単ですが新しく登場した三井住友カードゴールド(NL)とエポスゴールドカードを比較しました。

ポイントを重視する筆者にとっては、選んでポイントアップショップにアドバンテージのあるエポスゴールドカードに魅力を感じます。

年間100万円使わなくても50万円以上でボーナスポイントがもらえるのも嬉しいです。

ただ、コンビニやマックを頻繁に利用する人は三井住友カードゴールド(NL)も魅力でしょう。

エポスカードのゴールド修行をしている筆者としては、今後もメインにエポスカード、サブに三井住友カード(NL)として利用していこうと思います。

エポスカードのゴールド修行については、こちらの記事を是非ご覧ください。

www.moriken-cfp.com

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。