100年節約計画

節約が好きな会社員FPのブログです。

丸井グループが発行するエポスカード会員向け社債の申し込みをしました。


(出典:丸井グループホームページ)
2022年4月24日、丸井グループが発行する「エポスカード会員向け社債」の申し込みをしました。

社債とは企業がお金を借りるために発行する債券のことで、返済義務のあるものです。

エポスカード会員向け社債の期間は1年なので、丸井グループが債務不履行にならない限り、1年後お金を返してもらえます。
債務不履行とは社債を発行した丸井グループが倒産などをしてお金を返せなくなることをいい、そうなってしまうリスクを信用リスクと言います。

預貯金と違って必ずお金が戻ってくるわけではないので注意してください。

信用リスクを一般の投資家が客観的に判断する基準として「格付」というものがあります。
格付を決める会社を格付機関といい、代表的な格付機関にR&Iがあります。
R&Iの格付にはAAAからDまであり、AAAであれば信用力が最も高い(信用リスクは最も低い)と判断することができます。


(出典:丸井グループホームページ)
👆
丸井グループのホームページによると、R&Iの格付はA-(エーマイナス)となっています。

イオンや楽天グループもA-となっています。

今回のエポスカード会員向け社債を丸井グループが発行した経緯は、丸井グループホームページによると、五常・アンド・カンパニー(株)とクラウドクレジット(株)を通じて、「ビジネスを通じてあらゆる二項対立を乗り越える世界を創る」という丸井グループのビジョンを実現するためだそうです。


(出典:丸井グループホームページ)
エポスカード会員向け社債の概要
👇


(出典:丸井グループホームページ)

抽選申込期間は2022年4月18日(月)〜2022年5月10日(火)となっていて、エポスカードを持っている人だけが申し込みできます。

購入できる金額は1〜100万円で1単位1万円からとなります。
利率は税引前で1%ありますが、金銭0.3%・エポスポイント0.7%の内訳です。
100万円購入したとすると、税引前で金銭3,000円・エポスポイント7,000ポイントがもらえます。


(出典:丸井グループホームページ)
👆
丸井グループが過去に発行した社債の情報です。
直近に発行された3年の社債が利率0.310%であることを見ると、いかに今回のエポスカード会員向け社債の利率が高いかがわかりますね。

エポスカード会員向け社債は申し込みの状況によっては抽選となり、当選発表は2022年5月13日(金)以降です。
筆者は100万円申し込みしました。

当選するのを楽しみに待っています。

エポスプラチナカード・エポスゴールド会員であれば、社債購入分は年間ボーナスポイントサービスの利用金額対象になるのが嬉しいですね!

年間ボーナスポイントサービスとは、エポスプラチナカード会員かエポスゴールドカード会員であれば個人の年間利用額に応じてもらえるボーナスポイントのことです。


(出典:エポスカードホームページ)


👆
2022年5月5日現在の筆者の年間利用額です。
ボーナスポイント10,000ポイントまであと58,701円です。

例えば、エポスゴールドカード会員の人が利用金額のないままエポスカード会員向け社債を100万円購入すると、税引前利息3,000円と7,000エポスポイントに加えて、ボーナスとして10,000ポイントが貰うことができます!

エポスカード会員向け社債の申し込みの手順は次のとおりです。

  1. 社債申し込みに必要なアカウントを作成するためにメールアドレスを登録する。

    (出典:丸井グループホームページ)

  2. 丸井グループからメールが送られてくるのでパスワードを設定し本登録をする。

    (出典:丸井グループホームページ)

  3. その後、金融機関口座を確認し、本人情報や投資経験を入力する。

    (出典:丸井グループホームページ)

  4. 丸井グループから抽選申し込み受け付け完了のメールが届く。

以上、簡単ですが、エポスカード会員向け社債を申し込んだことについて記事を書きました。
2022年5月13日以降に当選発表の結果が出たら報告します。

2022年5月13日、抽選結果のメールが届きました。


👆
残念ながら今回の申し込みは落選となりました。
今後も「応援投資」の取り組みを検討するようなので、次回に期待します。
当選された方、おめでとうございます!

筆者が行ったエポスカードのゴールド修行についても記事にしていますので、よかったらご覧ください。

www.moriken-cfp.com

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。